【2021年版】利回り4%超え!REITのおすすめ銘柄2選!

株・投資信託個別銘柄分析
この記事は約4分で読めます。

資産形成を行う中で、不動産投資を考えたことのある方も多いのではないでしょうか。

ミシェル的には、実物不動産よりもREITの方が手間もかからず、一定の配当金をもらえるのでアリだと思っています。

これまでの不動産投資のパフォーマンスと、これからの展望について考察します。

今回は、REITの中でも優秀な以下の2つをご紹介します。

米国全体の不動産に投資できるSPDR ダウ ジョーンズREIT ETF(RWR)

日本のREITであるCREロジスティクスファンド投資法人(3487)

スポンサーリンク

米国リート SPDR ダウ ジョーンズREIT ETF(RWR)

RWRの特徴

まずはRWRの20年チャートを見ていきましょう。

リーマンショック時に、大きく値を下げていますが、その後の伸び方は素晴らしいですね。

リーマンショックはサブプライムローンと言われる不動産に関する問題から発展したということもあり、2008年に大きく売られ価格を下げました。

次に、ファンド内の業種別構成比率をみていきましょう。

非常に広く分散されているのが分かります。

楽天証券・SBI証券などを使って小額からアメリカ不動産市場の全体に投資できるため、日本の方も簡単に投資できます。

配当、経費率

(2021年年初現在)

配当:3.85%

経費率:0.25%

経費率もそこまで高くないため、長期投資にも向いていると言えます。

配当金も右肩上がりで伸びていて、今後も成長が見込めます。

米国の不動産市況

不動産価格は需要と供給のバランスで決まるため、人口が増えている国では価格が上がるやすいという特徴があります。

その点、米国は人口が増え続けているため、そのメリットを十分に享受できる環境にあります。

以下のグラフは、世界人口の推移です。

資料:GLOBAL NOTE 出典:国連

アメリカの人口が伸び続けていることが分かります。

そのため、不動産価格も上昇傾向にあり不動産需要も旺盛なことから、配当をもらい続けながら、キャピタルゲインも期待できます。

目先の新型のよる問題で減配されたとしても、アメリカでの不動産投資は長期でホールドしやすい銘柄と言えますね。

スポンサーリンク

日本リート CREロジスティクスファンド投資法人(3487)

CREロジスティクスファンドの特徴

日本は出生率等からもわかる通り、人口減少が始まっているわけですが、そんな中でも注目のリートであるCREロジスティクスファンド投資法人(3487)について見ていきましょう。

リートには、オフィス・居住用・商業用不動産などあるなかで、ロジシティックスは物流系倉庫への投資を行っている不動産リートとなります。

チャート以下の通りです。

オフィスリートなどは、テレワーク等の加速により、なかなか株価が戻っていない中、CREロジスティクスファンド投資法人(3487)はほぼ最高値となっています。

需要が底堅いことが分かりますね。

配当、経費率

(2021年年初現在)

配当:4.42%

経費率:なし

安定して分配金が伸びていっていますね。

ホールドしておけば今後も利回りが上がり続けそうです。

物流系不動産市況

物流系の倉庫は、ECの普及により倉庫が必要になっているため、今後の見通しも明るいです。

居住用と違って、貸与先変更に伴って壁紙を変えたり等の費用がかかりにくく、一度貸与すると長期に渡って長く使ってもらえるというのも魅力です。これは賃貸収入の安定に寄与します。

テレワークでオフィス系リートの需要は下がっても、物流系リートは需要が一定であるため、優秀であると言えます。

スポンサーリンク

考察

ミシェルもこれらの銘柄は、保有していきたいと考えています。

こういった銘柄をチェックしておき、配当金・分配金を着実に増やしていきたいですね。

株式だけで運用されているという方は、不動産リートも選択に入れてみてはいかがでしょうか。

私の配当金総額ハイテク株も、全て以下で公開しています(^^)

配当生活ドットコム | 配当を月1万→3万→5万(今ここ!)と増やし、リーマンがFIREするの巻
最初は月1万円の配当でも、コツコツと良い銘柄を買いましていけば、毎月の配当金は着実に増えていきます(^^)/銘柄を分析し、成長株・ハイテク株・高配当株に投資することで最速でセミリタイヤします!

⇓最新情報はTwitterで公開しています⇓

コメント

タイトルとURLをコピーしました