【解説】配当利回りとは?配当利回りの計算方法は?誰でも分かるように解説!

株・投資信託の基礎知識
この記事は約2分で読めます。

配当利回りって、たまに耳にするけど何のことでしょうか?

配当利回りの計算方法を理解しておくことで、いつでも自分で計算できるようになります。

なんとなく理解している方も、ここで一度改めて意味を確認してみてはいかがでしょうか。

ここでは、配当利回りの意味と計算方法を解説し、具体例を挙げて説明していきます。

この記事で分かること
・配当利回りの意味
・配当利回りの計算方法

スポンサーリンク

配当利回りとは

配当利回りとは、購入した株価に対し、年間に受け取ることができる配当金を%で表した数値です。

スポンサーリンク

配当利回り計算式

計算式は、次のよう表すことができます。
 配当利回り(%)= 1株当りの年間配当金 ÷ 1株の購入価額 × 100

より具体的な数値で配当利回りを計算してみると、分かりやすくなります。

上図の分子である60円の部分が増えれば、利回りは高くなりますね。⇒1株当りの年間配当金高い企業ということ

分母の2000円が低くなれば、利回りが高くなります。⇒購入金額を低く抑えられたということ

配当利回りが理解できた方は、配当にかかる税金についても合わせて見ていきましょう。

ツイッターフォローやコメントいただけると幸いです。下から追加できます。

絡んでいただけたら嬉しいです!雑談でも何でも~

⇓Youtubeやってます FIRE(アーリーリタイア)や資産形成について発信中!

https://www.youtube.com/channel/UCkYwF_zIyVqtDG_n3roqegQ

⇓最新情報はTwitterで公開しています。いち早く情報をお届けできます(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました