資産運用の年利って何%が妥当?過去データから考察+私の見解

株・投資信託の基礎知識
この記事は約3分で読めます。

資産運用して、いったいどれくらいの年利を得られるのが普通なのか分かりませんよね。

分かります、私もそうでした。まずは、平均的な運用でどれくらいの年利を得ているのか見ていき、その後、あなた自身がどれくらいの年利を得られるか見ていくことにしましょう。

この記事で分かること
・株式運用の平均年利所得
・債権運用の平均年利所得
・投資の神様の平均年利所得

スポンサーリンク

株式運用の平均年利所得

これはどこの国に投資するかによって年利が変わってきます。

ここでは主要国であるアメリカ・日本を記載していきます。

アメリカ株平均年利

アメリカ株の代表的な指数であるS&P500の20年間の推移です。

ここ20年間で212%も成長しています。

次に、過去10年間の年利を算出し、そこから平均年利を計算しました。

これらを平均すると、年利12.9%となります。

日本株平均年利

日本株の代表的な指数である日経平均225の20年間の推移です。

20年間で110%成長しています。

次に、過去10年間の年利を算出し、そこから平均年利を計算しました。

これらを平均すると、年利11.9%となります。

スポンサーリンク

債権運用の平均利回り

国債・政府債などで構成されている優秀な債権ETFとして、AGGを例に記載していきます。

約2.1%の分配金利回りを得ることができます。

値動きもマイルドなのが、債権の特徴です。

値動きは変化しないということを前提にすると、約2.1%の分配金利回りを得ることができるようになっています。

参考までに投資先を見ていきましょう。

引用元 https://www.blackrock.com/jp/individual/ja/products/239458/?qt=AGG

政府債、不動産担保証券等が多いですね。

最も比重の大きい債権が、財務省発行の債券ということで、非常に安心感があります。

スポンサーリンク

投資の神様の平均年利所得

投資の神様と言われるウォーレン・バフェット氏の年利所得をみていきましょう。

wikipediaより引用

ウォーレン・バフェット氏は、約200万円から投資を始め、8兆円以上にまで増やしています。

これを複利で換算すると、年利23%で運用したことになります。

とんでもない数字ですね。。。

まとめ

以上をまとめると下表のようになりました。

ここ10年は株式市場にとって、追い風だったこともあり少し割り引いて考えた方がよさそうです。

株式のみの運用となると年によっては上下が激しくなりそうです。

債権と株式の組み合わせで運用を行うなら、3~8%程度を想定しておくと良いかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました