【仮想通貨】ハードウォレットとは?仕組みから使い方を分かりやすく解説!

仮想通貨の基礎知識
この記事は約3分で読めます。

ハードウォレットってなんか難しそうと思っていたりしませんか?

最初はとても取っ付きにくいですよね。ただ、仮想通貨と長期で向き合っていくためには、ハードウォレットの存在が欠かせません。

ハードウォレットを使用することで、多額の仮想通貨がハッキングに会う可能性を減らすことができます。

スポンサーリンク

ハードウォレットとは

ハードウォレットとは、仮想通貨を安全に保管できるウォレットのことです。

ウォレットには、常にインターネットに接続されているホットウォレットと接続されていないコールドウォレットがあり、ハードウォレットはコールドウォレットに分類されます。

ハードウォレットの多くはUSBメモリのような形状をしています。そのため、PCから抜くだけでインターネット上に晒されない状況を簡単に作り出せるため、ホットウォレットに比べ断然安全であると言えます。

スポンサーリンク

ハードウォレットの仕組み

仮想通貨の多くは、公開キーと秘密キーが一致しなければ送付できない仕組みになっています。

この秘密キーを保管しておくのが、ハードウォレットの役割です。

ハードウォレット自体に仮想通貨を保管しているわけではなく、あくまでも秘密キーを保管しておくものです。この秘密キーが第三者に知られることがなければ、誰もあなた自身の仮想通貨を取引したり、送金することもできません。

上述の通り、ハードウォレットの多くはUSBメモリのような形状をしているため、PCから抜くだけでインターネット上に晒されない状況を簡単に作り出せるため、秘密キーを守ることができるわけです。

スポンサーリンク

ハードウォレットの注意点

正規代理店から購入すること

中古品を使用することは、悪意のある第三者が悪用される可能性があります。PINコードは本来、購入者自身で設定するものですが、第三者によりPINコードが設定済みで、秘密キーも控えられているものである可能性があります。

このハードウォレットをそのまま使うことは、PINコードと秘密キーを知っている第三者に仮想通貨をそっくりそのまま移し替えられてしまうことに繋がります。
みなさんお資産を守るために、必ず中古品ではなく、新品を購入してください。

自分自身で設定を行うこと

ハードウォレットの初期設定が分からないからと言って、業者や知人にお願いすることは避けてください。これは、PINコードと秘密キーが書かれたリカバリーシートが他人に知られてしまうことになります。

悪意のある第三者にPINコードと秘密キーが渡るということは、あなたのハードウォレットにアクセスできることになります。アクセス後、あなた自身の仮想通貨をどこかに移し替えられてしまいます。

代表的なハードウォレット

代表的なハードウェアウォレットには、Trezor、Ledger、KeepKeyなどがあります。

■Trezor

■Ledger

■KeepKey

安全なウォレットで運用している取引所

インターネット接続されていないコールドウォレットを使用(大部分又は全部)して、顧客の資産を行っている取引所を参考に記載します。

・Coincheck

・DMM Bitcoin

・Bitbank

・GMOコイン

取引を行う際は、コールドウォレットやハードウォレットを使用して管理している取引所を選ぶことが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました