【国内・米国株】おすすめ証券会社ランキング!手数料・取扱銘柄数比較!

株・投資信託
この記事は約4分で読めます。

2021年、最近さらに手数料が安い証券会社が現れています。

2021年最新情報を含めて、数ある証券会社をランキング形式で比較していきます!

スポンサーリンク

2021年版!最新証券会社ランキング

1位 DMM証券

メリット

GOOD
★ 国内株取引の手数料最安!
★ 米国株取引手数料完全無料!
★ 信用取引手数料も最安!

もちろんDMM株は、一般NISA、つみたてNISA、ジュニアNISAにも対応しています。

デメリット

BAD
★ やや米国株取扱銘柄数が少ない

新しい証券会社なので、日々米国株銘柄を追加しており、急速で充実して行っています。

DMM株公式HP(無料口座開設)⇓

【DMM 株】口座開設



2位 SBI証券

メリット

GOOD
★ 国内株式手数料が安値水準!
★ 業界内口座開設数No.1!
★ 米国株取扱銘柄数が3800と豊富

デメリット

BAD
★ 米国株取引手数料がかかる

SBI証券は、一般NISA・つみたてNISA・ジュニアNISAにも対応しています。

今なら、口座開設までの手順を、オペレーターに教えてもらいながら口座開設ができますよ。

SBI証券公式HP(無料口座開設)⇓



3位 楽天証券

メリット

GOOD
★ 国内株式手数料が安値水準!
★ 米国株取扱銘柄数が4000と豊富

デメリット

BAD
★ 米国株取引手数料がかかる
★ IPO銘柄取扱は、SBI証券が圧勝


楽天証券公式HP(無料口座開設)⇓

楽天証券
スポンサーリンク

手数料比較

投資を続ける上で、ずっと効いてくるは「手数料」です。

手数料が高いと長期で投資を行うと負けやすくなるのは、事実です。

主要証券5社の手数料を比較しました。

国内株式手数料

米国株式手数料

信用取引手数料

スポンサーリンク

取扱銘柄数(米国株)

 

SBI証券、楽天証券、マネックス証券の取扱銘柄数が多いです。

DMM株も急速に取扱銘柄を増やしています。

つみたてNISA・一般NISA・ジュニアNISA

 上記ランキング証券会社は、全てつみたてNISA・一般NISA・ジュニアNISAに対応しています。

まずは、大元となる総合口座を開設後、NISA口座(つみたて・一般・ジュニア)の開設を行うことになります。

なぜネット証券なのか

手数料が安いからです。

米国株最安のDMM株で、人気の米国投資信託(ETF)を試算してみます。

調べたところ、公式で投資信託(ETF)のバンガードS&P500ETF(VOO)だと、結果は以下の通り。

米国ETF(VOO)
・購入時手数料    :無料
・維持費用(年率)  :0.03%
・売却時手数料    :無料
 合計        :0.03%

対人投資信託
・購入時手数料      :0.8%
・信託財産留保額       :0.6%
・運用管理費用(信託報酬):0.8%
・その他費用       :0.4%
 合計          :2.6%

手数料の差は、87倍でした。

ネット証券を持っていない方は、より安いネット証券に変更することをお勧めします。

早く投資を始めた方は、それだけ得られるリターンも大きいです。

早めの行動を

日本人は、あまり投資の話をしませんが、皆さんの周りは既に資産形成を始めている方が多いでしょう。

最近は多くの方が、資産形成に積極的になってきています。投資人口の推移が以下の通りです。

周りに置いて行かれないように、今すぐ行動して、資産形成を始めましょう。

口座開設は無料で、ネットで簡単に始めることができます。

口座開設は無料で、ネットで簡単に始めることができます。以下からなら、NISA口座(一般・積立・ジュニア)も特定口座も開設できます。

DMM株公式HP(無料口座開設)⇓

【DMM 株】口座開設

SBI証券公式HP(無料口座開設)⇓

楽天証券公式HP(無料口座開設)⇓

楽天証券

コメント

タイトルとURLをコピーしました